続・手抜きして部屋を綺麗にキープする「ついで家事」オススメ10

続・手抜きして部屋を綺麗にキープする「ついで家事」オススメ10
前回:ゴミ箱は家に1つ派?複数派?手抜きして部屋を綺麗にキープする

前回何事も「ついでに」しかやらない、ということを書きましたが、この「ついで家事」のおかげで掃除がとても楽になっています。

わざわざ「掃除をする」というのは本当に億劫で、なかなかやる気が出ないものです。
また、汚れを溜めるとそのぶん綺麗にするのに時間がかかります
掃除のためのまとまった時間を捻出するのも難しい。

日々の生活の中で「ついでに」片付けて、掃除時間を減らしましょう
そしてゆっくり眠りましょう。

今回は、私が他にもやっている「ついで家事」を10個ほど紹介します。
ゲーム感覚でやるのがコツかな?と思います。

1. 手ぶらで動いたら負け!の精神

家の中をただ普通に移動するだけというのは「負け」だと思っています。

これは昔、飲食店でアルバイトをしていたときに「ホールから戻ってくるときには何かを持って帰ってくるように」と教わったことからです。
手ぶらで動くな、です。

確かに、ついでにできることがあれば、したほうが得ですよね。

2. 階段を上がるついでに手すりを拭く、下りるついでに階段を拭く

玄関のところにウェットティッシュと小さなゴミ箱が置いてあるのは前回書いたとおりです。

うちは玄関と階段がすぐ近くですので、階段を上るときはウェットティッシュを1枚出して片手に持ち、手すりを拭きながら階段を上がります

下りるときは、お尻を下に向けてウェットティッシュで階段を拭きながら下りていきます
そうすれば拭いた後の濡れた階段を足で踏むこともありません。(上りながら階段を拭くと足跡がついちゃいますよね)

そして、玄関のゴミ箱にそのウェットティッシュを捨てます。

階段は汚れやすいので、乾拭きよりもウェットティッシュでの拭き掃除がやはり気持ちいいですね。

3. 手を洗うついでに洗面台・シンクもサッと掃除する

これも同じく「手だけを洗うのは負け!」と思っています。

手が濡れるついでに、メラミンスポンジなどで洗面台やシンク、蛇口などをこすっています

また、お水やお茶を飲んだだけのコップをわざわざ洗うこともしません。
シンクに置いておいて、手を洗ったついでにコップも洗います
(これは几帳面な人だと、シンクにコップが残ってるのは嫌かも?)

コロナ以降、手を洗うことがとても増えたので、洗面所もキッチンのシンクもいつもピカピカです。

また、洗面所とキッチンにはハンドクリームが置いてあるので、タオルで拭いたらすぐにハンドクリームを塗っています。

4. 食後のお茶を淹れるついでに熱湯でガスコンロの掃除

食後には、熱いお茶やコーヒーが飲みたくなりますよね。
私は必要な分だけヤカンでお湯をわかし、お茶を淹れています。

そのときに余った熱湯をガスコンロに少しかけ、キッチンペーパーで油汚れを拭き取ります
五徳も外してから熱湯をかけると拭きやすいです。
(もちろん五徳は熱くなってるので布巾や鍋つかみを使ってください)

1〜2時間前に料理したときに飛んだ油が、こべりつかないうちに熱湯をかけるため、いつでも綺麗な状態のガスコンロを保つことができます。
ついでに、その後の食器洗いのときに五徳も一緒に洗っています

おかげで、毎日自炊してるのに、友達から「ガスコンロ全く使ってないね。メリープさん料理しないんだねー」と言われ、切なくなるくらいです。

ガスコンロの油汚れは「やりたくない掃除」のかなり上位に入ると思いますので、これはオススメですよ。

5. お茶や珈琲を淹れるついでに水切りカゴのお皿を片付ける

洗ったお皿はシンクの横の水切りカゴに置いていますが、これをわざわざ布巾で拭いて片付けることはしません。
自然乾燥で放ってあります。

そして、お茶を飲むとき、お湯を沸かしている間に片付けます

一人分の飲み物のお湯を沸かす時間はそれほどかかりませんので、食器を片付け終わった頃にちょうどお湯が沸く感じです。

6. トイレのついでに便座(裏側も)を拭く

トイレも汚れが溜まると面倒です。
用を足して水を流した後、トイレットペーパーをほんの少し手洗いの水で濡らし、便座とその裏側を拭いています
(もちろんトイレ掃除用の流せるウエットティッシュでもいいです)

便座の裏側、けっこう汚れますからね…。
いつもそのまま便座を上げっぱなしにして自然乾燥させているので、「男の人が来たの?」と友人に誤解されることが難点です。

7. 入浴・シャワーのついでに排水溝も掃除する

同じくシャワーの後には必ず排水溝の蓋を開けて髪の毛を取り、軽く掃除をしています。
ロングヘアなので、髪の毛は毎回取らないとたいへんなことになります。

シャワー後すぐに取るぶんにはそんなに気持ち悪くないですが、これを後回しにすると、触るのが嫌になります。

排水溝の掃除も毎日のシャワー後のルーティーンにしておけば、詰まったり変な匂いがしたり…などの面倒なことにならなくて済みます。

8. シャワーのついでに洗濯をする

これは次回浴室乾燥機についての記事でしっかり書きたいと思います。

・服を脱ぐ →
・洗濯機に入れて回す →
・シャワーを浴び、身体にクリームを塗っている間にちょうど洗濯が終わる →
・浴室内に干し、浴室乾燥機で3時間乾かす

この流れにより、浴室はカビが生えることなく、いつもカラリと乾燥してヌメリがありません。
お風呂掃除の手間が大幅に省けています

9. スーパーに行くついでに資源ゴミを捨てる

大きなスーパーはプラスチックトレイ、アルミ缶、ペットボトルなどの資源ゴミを回収しているところが多いですよね。

なので、買い物をするときについでに持って行って、家の中に資源ゴミが溜まらないようにしています。

朝、早起きしてゴミ出しに行くのが面倒で大嫌いなんです。
早起きも嫌だし、冬に寒いのも嫌です。

こまめにスーパーで捨てているおかげで資源ゴミはそんなに溜まらず、ゴミ出しは月1回くらいで済みます
(通勤の人は出勤ついでにゴミ捨てができるので、あまり苦痛ではないかも?)

10. 野菜を切ったついでに少しお味噌汁に入れる

これは掃除ではありませんが、家事の一環ということで。
メインやサブの料理のために切った野菜を、ついでにお味噌汁の中に入れています。

ハンバーグなら玉ねぎを全部みじん切りにせず、少しだけくし切りにしてお味噌汁の具に。
小松菜の胡麻和えを作ったときは、多めに切った小松菜を少し掴んでお味噌汁の具に。

お味噌汁のためだけにわざわざ具を用意しない、ということです。

冷蔵庫から野菜を出して、洗って、切って…場合によってはラップで切り口を包んでまた冷蔵庫に入れて…が面倒なので、なるべく少ない行程で済むようにしています。


いかがでしょうか?

要するに、掃除なんてなるべくサボって寝たいんです。

もう、書けば書くほどズボラな性格がバレて恥ずかしいですが、何か参考になることがあれば幸いです。

次回:浴室乾燥機は女性向き!乾燥機付き洗濯機よりも断然オススメ

ロングスリーパーの手抜き生活術・時短術カテゴリの最新記事